« 国文祭の練習 最終章その1 | トップページ | 国文祭バーチャルツアー »

世界で4番目の大型キャノピー

田舎のオケマン AMADEUSです。

ここのところ、全国からこのブログを見ていただき、うれしい限りです。

ありがとうございます!

むらさきホールの特徴について、もう一つだけ書かせてください。

一応、音高出の技術屋ですので・・・・・(大学は土木!)

先日、静けさについて書きましたが、このホールのもう一つの特徴、ダラス、バーミンガム、バンクーバーの有名コンサートホールに続いて、世界で4番目の大型キャノピーについてです。

キャノピーとは建築で云う所の天蓋です。

形はトトロの傘か、インデペンデンス・デイの宇宙船みたいな形をしています。

漢字で表現すると、上下可動式円形音響反射板といったところでしょうか。

むらさきホールはカナダ・バンクーバーにあるブリティッシュ・コロンビア大学のチャン・センター・コンサートホールを参考にしてイメージしたと設計者のOさんが述べています。

私は香港が中国に返還される少し前に、住宅の視察でバンクーバーに行った事があるんですが、その時現地で聞いたところによると、香港から大量の移民があったそうです。

チャン・センターと命名されたのも、チャンファミリーから多額の寄付があったことに対し、敬意を表して命名したそうです。

余談はそのくらいにして、このキャノピーの凄いところは高さを変えることによって、ソロリサイタルからオーケストラコンサートまでベストな対応が取れることです。

最近、素晴らしい音楽ホールが全国に誕生していますが、全てのコンサートスタイルに対応するのは非常に難しいことです。

むらさきホールでは演奏会や授業で頻繁にホールを使いますので、その経験によりベストポジションを見つけています。

たとえば管弦楽、吹奏楽、合唱などでは12~13.5m、ソロや室内楽では10~12m、邦楽器では8~10mが最適とされています。

とにかく無段階に可動しますので、演奏者が決めればよいのです。

この度の国文祭「オケの祭典」は過去最大の人数が載りますので、設計者のアドバイスに基づき、最高位置の13.5mでいく事にしました。

出演者の皆さん、あなたの頭の上には直径12m、重さ17tのUFOが飛んでいます。

演奏に失敗したら、攻撃されるかも・・・・・

堅い話になりましたが、スイマセン。

本日はここまで、では・・・・・

|

« 国文祭の練習 最終章その1 | トップページ | 国文祭バーチャルツアー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

凄いホールですね!
天蓋が落ちてこないように注意しながら、ステージに座っていようと思います。
ちなみに、耐震強度は問題ないですよね!?

投稿: massy | 2007年10月 3日 (水) 12時41分

全施設、耐震OKです!
落ちてきたら、皆で支えましょう!
私は下手にいますので・・・・・

投稿: amadeus | 2007年10月 3日 (水) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215669/16641090

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で4番目の大型キャノピー:

« 国文祭の練習 最終章その1 | トップページ | 国文祭バーチャルツアー »