« 国文祭バーチャルツアー | トップページ | 文理OBオケ合奏 その2 »

国文祭の練習 最終章その2

田舎のオケマン AMADEUSです。

今日は大学生のステージ最終リハーサルです。

そして、初めてのむらさきホールリハーサルでした。

皆で椅子や譜面台のセットをやりましたが、平面からボタン一つでひな壇が立ち上がっていく時には歓声が上がりました。裏方にとっては、こんなに楽なセッティングはありません。

レジデンスの徳島文理大学管弦楽団を始め、メインホストの徳島大学交響楽団、「第九の里」からは鳴門教育大学フィルハーモニー管弦楽団、また、県外からも大分、広島、静岡他の大学参加者の皆様、本当にご苦労様です。

指揮者の山田先生、客演コンマスの原先生始め、多くの参加者でチャイコフスキーの交響曲第4番のリハーサルが始まりました。

私はこの曲に苦い思い出が一つあります。

30年余り前、日本大学管弦楽団の定演で常任指揮者のコバケンさんの指揮だったんですが、気持ちが乗りすぎて、ファゴットの2楽章のソロでひっくり返ったことです。技術的には簡単なソロですが、未だに何で失敗したのかわかりません。打ち上げで、コバケンさんに慰められ、朝まで一緒に新宿で痛飲したことを思い出します。

青春は一回きりです。演奏で思いのたけを出しましょう。失敗してもそれはよき思い出!冒険しない後悔は一生ものですから・・・・・

ということで、練習風景の写真を載せますよ。

Sn370096 Sn370098 Sn370099 Sn370100 Sn370101 Sn370105 Sn370115 Sn370119_2

今日は練習時間を利用し、ボストンホールと

Sn370106

オーケストラ室のセッティング・リハーサルも行いました。

Sn370111

週末にはジュニアのステージの最終練習があります。

本番まで、1ヶ月を切りましたが、やることが山積です。

老体に鞭打って、頑張りますので、ご協力よろしくお願いします。

本日はここまで、では・・・・・

|

« 国文祭バーチャルツアー | トップページ | 文理OBオケ合奏 その2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
今回、国文祭に宮崎ジュニアオーケストラのメンバーとして参加させていただきます、Celloの平川(ひらかわ)というものです。
いつも写真を見させていただき、とても11月が待ち遠しいです!
皆様に負けないように、精一杯練習していきます。
宮崎ジュニアオーケストラでいくメンバー四人とも、一生懸命練習しています。

それでは。
わざわざ宮崎ジュニアオーケストラのHPまで来ていただき、ありがとうございました!
一ヵ月後を楽しみにしています♪

投稿: 宮崎 no Celloです | 2007年10月 8日 (月) 19時53分

平川様
いらっしゃいませ!
今日聞いたとこによると、ジュニアも特訓やってるようですよ。
さっきも書いた通り、青春は一回きり!
僕も中学・高校時代のことを昨日のように思い出します。
苦い経験が多いけど・・・・・
高校時代は朝6時に学校へ行き練習して、夜9時まで練習して、定時制の諸君と一緒に帰っていました・・・・・
「お前は合奏の癌だ!」と先輩に言われ(これを言ったのは「上野の森ブラスアンサンブルのTp.のO田先輩)、泣きながら自転車こいで帰ったことを・・・・・
今は良い思い出です。
一生に一度くらい燃えることがあってもいいよね!
期待してます!頑張って!!
では・・・・・

投稿: amadeus | 2007年10月 8日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215669/16700373

この記事へのトラックバック一覧です: 国文祭の練習 最終章その2:

« 国文祭バーチャルツアー | トップページ | 文理OBオケ合奏 その2 »