映画・テレビ

徳島三大映画

田舎のオケマン AMADEUSです。

今年の国文祭には、全国からたくさんの皆様がお越しになると思いますが、

その前に少し、映画で徳島のことをお勉強・・・・・

いま旬の徳島三大映画といえば、

まずオケ、合唱関係の方は絶対に外せない「バルトの楽園

昨年の公開ですが、私も30年ぶりに、TOHOシネマズ高知に見に行きました。今、レンタルビデオ屋さんに置いてますね。

豪華な出演者陣で、松平健さん、ブルーノ・ガンツさん(ヒトラーの映画に出てた)、阿部寛さん、高島礼子さん(ご主人、高知東生さんのお父さんは徳島在住)、地元の坂東英二さん(悪役の久留米俘虜収容所長役で登場)等々。

出演者もさることながら、ストーリーに引き込まれてしまいます。

普段、外国映画ばかり見ている私ですが、日本映画もなかなかやるねえと思った一本でした。

続いて、「眉山」(びざん)

今公開中ですね。

眉山とはJR徳島駅を降りると正面に見える山です。

昨年の「阿波踊り」のあとに撮影されました。有名連が「阿波踊り」に引き続いて、エキストラに借り出されました。徳島市内は1か月あまり、撮影の真っ只中にありました。うちの娘も有名連に所属していて、背中が写っている(!?)と、はしゃいでいました。

原作はヴァイオリニスト(?)のさだまさしサン

こちらも出演者が凄いです。松嶋菜々子さん、大沢たかおさん、宮本信子さん(マルタイの女以来、10年ぶりの映画出演)など豪華な顔ぶれです。私の好きな夏八木勲さんも出ています。

ストーリーは泣かせますが、阿波踊りを見るにはこの一本でしょう。

最後に、「阿波DANCE」(アワダンス)

こちらは、この8月に公開です。皆さんが来られる頃には話題になっているのではないでしょうか。

第九の聖地、鳴門市で撮影されました。

ウォーターボーイズ」、「スイングガールズ」に続く青春映画らしいです。

地元の高校生もたくさんエキストラで参加しています。

今から、公開が待ち遠しいですね。

徳島でお会いするときには、私たちより徳島のことが詳しくなってたりして・・・

その時は教えてください。お願いします。

本日はここまで、では・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)